技法メモ

主語を工夫する

主語は具体的にする。

x It is necessary for you to prepare for the presentation

〇 You need to prepare for the presentation

前置きフレーズは多用しない。

日本語でよくある前置きフレーズを使ってそのまま英語にしないようにする。

X As for the price of my new bike, I got a discount of about 10 percent.

〇 I got a 10 percent discount on my new bike.

日本についての説明 (nihon ni tsuite no setsumei)

Japanを主語にすると、すきっとした文章表現ができる。

Japan has a ~
「In Japan, there is a ~」は長ったらしくなる。

Japan is ~

Japan has to ~
日本は~しなければならない

「~側」、「~サイド」の訳し方

日本語で表現する「~側」「~サイド」は、必ずしも英語に訳さなくてもよい。

  例:Management has changed the policy for paid vacations.
経営者サイドは有給休暇に関する方針を変更した。

"Management side"と、したくなるところを我慢。

 

初めて会う時のみ「meeting you」

「seeing you」は初めてでも、そうでなくてもOK

Copyright © digi-escape inc.. all rights reserved.